キャンサーリボンズ HOME > 新着情報 > 支えあいの一環として昨秋開催した、【朗読ワークショップ】についてご報告します。

新着情報

支えあいの一環として昨秋開催した、【朗読ワークショップ】についてご報告します。

2014.01.14

  朗読CD「あなたには、明日、生きる意味がある」発売以降、「自分でも朗読したい」という多くの声がNPOに届くようになり、朗読プロジェクトの発足につながりました。朗読CD同様、このプロジェクトは、「言葉と声の力が人を元気にする」という思いが原点です。

 

【朗読ワークショップ】は、朗読を聴くだけでなく、一人で朗読するのでもなく、病気という共通の体験をされた患者さん同士が、声を出して本を読む楽しさを体験するとともに、朗読を通して感じたことや自身の病気体験や思い、悩みを共有することができる交流の場です。そこで生まれた新たな共感が、元気につながっていくことを目指しています。

 

2013年は、下記内容で開催しました。

■「喘息患者さんのための朗読ワークショップ」

     9月29日(日) / 大手町サンケイビル(東京)

■「乳がん患者さんのための朗読ワークショップ」

    10月19日(土) / 広島アンデルセン(広島)

■「糖尿病患者さんのための朗読ワークショップ」

    11月10日(日) / ブリーゼプラザ小ホール(大阪)

 

【朗読ワークショップ】報告書は、こちらからご覧ください。