理事・委員からのメッセージ

会員の紹介indexへ戻る
瀧川千鶴子委員
(医療法人恵佑会札幌病院緩和ケア部長)

緩和ケア病棟だけでなく、診断された時から患者さんの苦痛を支える仕事をしています。キャンサーリボンズの活動は、病院と患者さんの社会をつなぐという意味で大事な活動です。

患者さんやご家族が普通に生きられるようにすることは社会にとって重要な課題であり、さらに一番苦しい時期に苦しい分だけ支えることがキャンサーリボンズを通してあらゆる疾患に広がることを期待しています。

前へ
次へ