理事・委員からのメッセージ

会員の紹介indexへ戻る
望月眞弓理事
(慶應義塾大学薬学部教授)

今は薬剤師を養成するための大学で働いています。自分でも婦人科系のがんにかかったことがきっかけで、学生に教えていることと現実とのギャップに気付きました。キャンサーリボンズでは、とくに女性の役に立てればと思います。

患者さんの支援はもちろんですが、医療関係者や、患者さんの家族、まわりの人もとても疲れています。それらの人々も視野に入れた支援をしていけるといいと思います。

前へ
次へ