理事・委員からのメッセージ

会員の紹介indexへ戻る
岡山慶子副理事長
(朝日エルグループ会長)

2002年頃から海外のがん最先端医療と一緒に患者さんや家族の生活をサポートする施設をいくつか見てきました。施設や設備の豪華さより、患者さんのイキイキしている姿に目をみはりました。

日本に於いてもがん患者さんのインタビューの中で幸福感や前向きな考え方など希望尺度の高い人が予後が順調であることを知ることができました。

患者さん、家族、医療者が今より少しでも幸福でいられるための情報を得られたり、体験ができる場所を作りたいと願ってきましたが、この度、患者さん、医療者、企業などたくさんの方々の力をお借りしてリボンズハウスを作ることができそうです。がん患者さんのからだや心の痛みを軽くすることや、その人らしい生活を送るためのいろいろなプランを考えています。

世界中、どこにいても、一人ででも、多くの方々とでも、幸福なひとときを持つことのできるような会にしたいと願っています。

前へ
次へ